スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ヤマハ 4サイクル ジョグ バルブ摺合せ及びヘッド清掃

1717-jog-1.jpg
4サイクルでインジェクションモデルのスクーター、
特に50ccによくあるカーボン噛みという修理でお預かりしました。
燃焼室にたまったカーボンがバルブに噛みこみ、
エンジンがかからなくなる厄介な修理です。


1717-jog-2.jpg
応急処置でカーボンクリーナーを入れて、
徐々にカーボンを除去していく方法もあるのですが、
今回はばらして綺麗に清掃することになりました。


1717-jog-9.jpg
真ん中の3つの丸い穴の開いているところが燃焼室です。
ここにカーボンがたまっていきます。
今回は比較的にましな方ですが、このカーボンを綺麗にとっていきます


1717-jog-4.jpg
カーボンはワイヤーブラシ等を使いとっていきます。
バルブの当たる部分にキズを付けないのがポイントです
清掃が終われば後はバルブの摺合せです。
これをすると密閉が上がり、
場合によってはエンジンのトルクが上がる場合もあります。


1717-jog-5.jpg
清掃完了です。これだけ綺麗になると気持ちいいですね。
これで当分の間カーボン噛みにはなりませんので安心して乗っていただけます。


1717-jog-6.jpg
そして組み付けて完了です。
何度やってもエンジン修理は気持ちいいですね


logo-sei.jpg
兵庫県姫路市にあるバイクショップオオカワです。
新車、中古車の販売をメインに修理、車検、ロードサービス、
スポーツバイクのチューニングからアメリカンカスタムまで、
バイクに関する事はなんでもご相談ください。
新車、中古車はヤマハ、スズキ、ホンダ中心に常時100台前後展示しております。
バイクの中古パーツや中古車の買取もお任せください
当店ホームページはこちらをクリック

partkaitori.gif
不要なバイクパーツ買取はこちらをクリックしてください
スポンサーサイト

スズキ TL1000R ビチューボ製リアショック交換

171222-tl1000r-1.jpg
スズキ TL1000Rのリアショックをビチューボ製に交換する事となりました
いまや、めったにお目にかかれないバイクですね

171222-tl1000r-2.jpg
ネットでは純正ショックの評判があまり良くないらしく、
社外に変える方が多いようですね。ただ社外はやはり値段が高い中、
ビチューボは比較的安く売っているみたいです

画像左がビチューボ製、右が純正です。
この純正ショックは珍しく、ショックと油圧調整のユニットが別々になっています

171222-tl1000r-3.jpg
ノーマルですと、左サイドにユニットが目立つ形で付いています。
171222-tl1000r-4.jpg
交換するとこんな感じです。
見た目もすっきりしますし便利なのが、
伸び側、縮側のダンパー調整が工具無しで調整できる所ですね。
スプリングのプリロード調整も工具はいりますが、
簡単に出来る様に考えられています


171222-tl1000r-6.jpg
タイヤやリアショックなど、足回りのカスタムは乗ると明らかに分かりますし、
乗るのが楽しくなるという所がほんとに良いですね。


logo-sei.jpg
兵庫県姫路市にあるバイクショップオオカワです。
新車、中古車の販売をメインに修理、車検、ロードサービス、
スポーツバイクのチューニングからアメリカンカスタムまで、
バイクに関する事はなんでもご相談ください。
新車、中古車はヤマハ、ホンダ中心に常時100台前後展示しております。
バイクの中古パーツや中古車の買取もお任せください
当店ホームページはこちらをクリック

partkaitori.gif
不要なバイクパーツ買取はこちらをクリックしてください

NSR250R(MC21) 92年モデル エンジンフルオーバーホール

171217-nsr250-1.jpg
NSR250Rのエンジンフルオーバーホールを承りました。
中古車を個人売買で購入したので、点検もかねてお預かりしたところ、
クランクシャフトがダメという事が分かり、ばらす事となりました

171217-nsr250-2.jpg
という事で早速エンジンを下しばらしていくことに、
NSR250Rはエンジンを下すにあたり、
取り外すパーツが多いのでわりと時間がかかりますね。

171217-nsr250-3.jpg
エンジンを完全にばらすとこんな感じです。
4サイクルのエンジンよりは部品点数が少ないので、
エンジン単体で考えるとオーバーホール自体は比較的に簡単です。

171217-nsr250-5.jpg
そしてエンジンの主要部品となるシリンダーやリードバルブは、
問題なく再使用できそうです。


171217-nsr250-4.jpg
今回の主原因であるクランクシャフトです。
NSR250Rの場合クランクシャフトの
真ん中にあるオイルシールがダメになると調子が悪くなります。
最近はクランクシャフトも再販されて、新品部品が入手できるのですが、
今回は井上ボーリングにクランクシャフトの芯出しとシール、
ベアリングの交換をお願いする事となりました
どんな仕上がりになるのか楽しみです
井上ボーリングHP http://www.ibg.co.jp/



logo-sei.jpg
兵庫県姫路市にあるバイクショップオオカワです。
新車、中古車の販売をメインに修理、車検、ロードサービス、
スポーツバイクのチューニングからアメリカンカスタムまで、
バイクに関する事はなんでもご相談ください。
新車、中古車はヤマハ、ホンダ中心に常時100台前後展示しております。
バイクの中古パーツや中古車の買取もお任せください
当店ホームページはこちらをクリック

partkaitori.gif
不要なバイクパーツ買取はこちらをクリックしてください

セロー250 リアショック&フロントフォーク メンテナンス

171126-serow-1.jpg
セロー250のリアショックからのオイル漏れで入庫しました。
リアショックのオーバーホールというやり方もあるのですが、
今回はテクニクスというメーカーのショックに交換する事になりました

テクニクスメーカーホームページ
http://www.technix.jp/

171126-serow-2.jpg
上が純正で下がテクニクスのリアショックです。
巻き数が多いのでノーマルより動きが良さそうですね。
伸び側のダンパーの調整機能も付いています

171126-serow-3.jpg
フロント側はスプリングを交換です。
純正と比べて2巻きほど少ないので理屈的には硬くなるようですね
ついでにオイルシール類とフォークオイルも交換です

171126-serow-4.jpg
軽く試乗させていただいた感じではリアショックの動きが滑らかでいいですね。
林道を走るのが楽しみです。

NSR80(HC06) 長期放置バイク修理 その3

171126-nsr80-1.jpg
NSR80の修理がようやく完了しました。
生産終了している部品の関係で時間がかかってしまいましたがよ、
うやく走れるうようになりました。

171126-nsr80-5.jpg
リアキャリパーとリアブレーキマスターはオーバーホールしています。
ブレーキの動きはかなり良くなりました。

171126-nsr80-4.jpg
フロントフォーク、フロントキャリパーのオーバーホールも完了して
動きもばっちりです。
やはり年数が経過するとゴム類の部品はだいたいダメになってます

171126-nsr80-3.jpg
ガソリンタンクは生産終了していましたので、
錆取りをしてコーティングしています。

171126-nsr80-2.jpg
ステムベアリングも交換済みでハンドルの動きもバッチリ良くなりました。
このバイクはコーナーリングを楽しむバイクですので、
ここは大事な所ですね

171126-nsr80-0.jpg
生産終了のパーツが多々あり、想像より金額がかかってしまいましたが、
調子よくなってホッとしました。
NSR80はノーマルでもそれなりに走るので面白いですね。
これからたっぷり2サイクルを楽しんでください





logo-sei.jpg
兵庫県姫路市にあるバイクショップオオカワです。
新車、中古車の販売をメインに修理、車検、ロードサービス、
スポーツバイクのチューニングからアメリカンカスタムまで、
バイクに関する事はなんでもご相談ください。
新車、中古車はヤマハ、ホンダ中心に常時100台前後展示しております。
バイクの中古パーツや中古車の買取もお任せください
当店ホームページはこちらをクリック

partkaitori.gif
不要なバイクパーツ買取はこちらをクリックしてください
プロフィール

bikeshopohkawa

Author:bikeshopohkawa
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。